任意整理のデメリットとメリットを知りたいときに見るサイト!

任意整理 メリット デメリット

任意整理のデメリットとメリットを知って債務整理の準備をしよう!債務整理の方法の一つとして任意整理があります。任意整理には多くのメリットもありますがデメリットの存在は無視できません。当サイトでは任意整理をおこなった場合のデメリットとメリットについてわかりやす説明したいと思います。

債務整理は多重債務などで借金がかさみ生活までもが切迫した状況になってしまった方たちに対する法的救済といえます。決して違法ではありませんので安心して読み進めてくださいね。

任意整理ってどんな債務整理?

債務整理 任意整理

債務整理の種類には自己破産・民事個人再生・特定調停・任意整理という4つの方法があり、借金や生活の状況に応じて債務整理の方法を選択することになります。

任意整理とは債務整理をおこなう方法の一つです。特徴としては、自己破産・民事個人再生・特定調停などは裁判所を利用する方法となりますが、任意整理では裁判所は利用せず債務者(借り主)と債権者(貸主)との話し合いで和解する方法です。

司法書士や弁護士と契約し受任されれば司法書士や弁護士があなたの代理人となり受任後には一切、本人へ借金の請求や催促は来なくなります。

任意整理の和解案としては、現在ある利息や将来支払わなければならない利息をカットし残った元金を改めて長期分割で支払っていく方法です。もちろんあなたの生活を十分考慮して毎月の支払額を考えるとともに債権者も納得のいく和解案でなければなりません。

任意整理ができる条件

任意整理をおこなううえで大切なことがあります。前提として安定的に仕事があり一定の収入を得られていることです。

・仕事があり収入が安定していること
・3年から5年の長期分割で返済できること
・完済する意思があること

この収入の中から必要な生活費や公共料金・教育費・レジャー費等を差し引いた金額で任意整理で決めた金額を支払うため安定した収入を得ていることが望ましいです。

仮に仕事や収入が不安定で返済計画がたてられず生活も困窮した状況では自己破産も視野に入れて考えましょう。

任意整理のデメリット

任意整理 デメリット

本来なら支払って当然のクレジットカード・ショッピングローン・キャッシング・銀行ローン・自動車ローン・スマホの分割払などの借金が払えなくななるのですからデメリットやペナルティーはあって当然といえば当然ですね。ネットで調べればある程度おわかりかと思いますが以下の通りです。

・新規でクレジットカードが作れない
・新規で銀行ローンが組めない
・新規で住宅ローンが組めない
・新規で自動車ローンが組めない
・新規スマホの分割払いができない
・司法書士・弁護士費用がかかる
(1社分およそ20000円〜30000万円程度☓社数分)
信用情報に事故情報として記載される
(俗に言うブラックリストです)

突然の出費で債務整理中にもお金に困ることもあると思います。そんなときはどうしたらよいか不安になる方も多いはずです。しかし、債務整理をおこなった時点で個人信用情報機関へ債務整理をおこなったことを記載されてしまいます。

新たにクレジットカードのWEB審査やキャッシングの借り入れ審査をしたとしても個人信用情報機関へ照会されると任意整理中で返済能力無いと判断されてしまい審査が通ることはないでしょう。

信用情報の記録が消去されるまでには5年から10年かかります。その期間はクレジットやローンなどで買い物やキャッシングなどはできないと考えたほうがよさそうです。

任意整理のメリット

任意整理 メリット

まず任意整理(債務整理)は、あなたを借金の悩みから救うための法的救済措置の一つです。ここでは司法書士や弁護士に任意整理を依頼するメリットを紹介しています。

・司法書士や弁護士があなたに最適な任意整理の和解案を考えてくれる
・司法書士・弁護士の受任後、借金の督促・催促が止まる
・任意で債務整理する債権者を選べる
・毎月の支払い金額の減額(将来利息0円・長期分割が可能)
・裁判所を利用しないので裁判費用がかからない
・過払い金の有無がわかる
(過払い金があれば返済に当てられる。返済額を上回れば返金される)
・家族や会社など周囲に知られず借金の悩みを解決できる可能性が高い

多重債務の場合は任意整理をしたいところだけ選んで整理することができます。例えば、現在使えているクレジットカードや自動車ローン・住宅ローンを任意整理の対象から外し、そのまま支払い続けることでクレジットカードの利用もできますので車や自宅を手放さなくてもよくなります。

司法書士や弁護士と借金の相談をする中で自分の借金と生活の状況に合わせて最適な債務整理の方法を提案してもらえます。最近では債務整理の相談は無料の事務所も多く、そのうえ初期費用0円というものが一般的になっています。

任意整理が失敗したときの注意事項

任意整理 失敗

任意整理中にも不慮の怪我や入院で仕事ができず収入が減ってしまうこともあると思います。もし、月々の返済が支払えなくなるようなときは、放置せず、お世話になっている司法書士や弁護士に事情を必ず相談し伝えてください司法書士や弁護士はあなたに代わって債権者に理由を伝えてくれます。

もし、支払いができず事務所に連絡もしないでいると最終的にはあなたとの契約を解除する「受任解除」ということになれば借金の催促から守ってくれなくなります。

また、受任解除は任意整理先である債権者にも受任解除の通知がなされますのでまた、債権者から借金の催促の電話や督促状が来るようになってしまいもとの借金苦に逆戻りとなってしまうので注意してくださいね。

まとめ

まとめ

任意整理のメリットとデメリットいかがでしたか?
デメリットを差し引いても得られるメリットの方が大きくなかったですか?もし、そうだとしたら任意整理で新たな生活再建のスタートができるかもしれませんね。

この際、自分の収支や浪費を見直し、クレジットやローンなどの借金に縛られない生活ができれば案外と快適だと感じるのではないでしょうか。